So-net無料ブログ作成
検索選択

良いお年を! [現状報告]

このブログには美味しそうなラーメンや甘いスウィーツの画像は一切出てきません。
このブログには心が見とれる風景写真も一切出てきません。
そして、このブログを訪れたからと云っても人生に役に立つ情報や知識は書かれていません。

それでも御自身の貴重なお時間を割いてまでこのブログを訪れてくれた方々へ感謝の気持ちがいっぱいです。
この場で大変恐縮ですが有難うございました。

今回で今年最後のブログ更新となります。唯一の気がかりは Volume 8 が未だにアップ出来ていない事ですが、来年まで様子を見る事にします。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

STOLON [VSTe・Pitch Shifter]

以前、素材制作で紹介したキックのピッチをコントロールしたエフェクトがコレです。

Stolon.jpg

ピッチシフター以外にもコーラスやハーモナイザー等、数種類のエフェクトが使用出来るようですが Volume 8 ではピッチシフターとステレオワイド位しか使っていませんが効果は抜群です。

因みに元々の音源が

だとするとステレオワイド効果( MAIN OUTPUT の WIDTH を回すだけ )を加えると

の様になります。Volume 8 にはコレをそのまんま入れてあります。

ダウンロードhttp://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=Stolon&id=1640
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ERROR [現状報告]

ちょっと困っています。

Volume 8 が完成し何時もと同じ様に The Future FM にアップロードすると終盤にエラーが発生。何度行っても同じ症状。別の日に行っても同様にエラーが発生。対処のしようがありません。エラーの中身は “ There were errors while creating the record! ” と云う内容です。アップしたファイルの分析が上手く行っていない様な感じです。複雑な繋ぎ方はしていないのでどんな曲が使われているのかは簡単に判明するはずなんですけどね。

もうちょっと様子を見る事にします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Volume 8 完成 [現状報告]

まだ、The Future FM にはアップしていませんが Vitamin X Volume 8 が完成しました。

V08 - 01.jpg

今回は試験的に Tractor Pro 2 ではなく全ての作業を Mixcraft 7 上で行いました。Mixcraft 7 上で全ての作業を行った感想としては The Future FM 等にアップするようなミックス等はこちらで制作した方が何かと都合が良いと云う事です。具体的には

① 制作した素材の音声ファイル化→ Tractor Pro 2 での認識作業 等と云った一連の工程を省ける。
② オートメション機能を使用する事によって人間ワザとは思えない事が出来る。
③ Tractor Pro 2 よりも Mixcrft 7 で制作した方が音質が良い。

等です。特に③は意外でした。これまで The Future FM にアップしたミックスをこの制作方法でもう一度やり直したい気分にさせてくれる程の違いが有ります。DJ ソフトと DAW のオーディオエンジンに対する考え方の差がそのまま音質に現れた結果なのでしょうね。恐れ入りました。

この様な結果を踏まえ、今後は Mixcraft 7 でミックスを制作していく考えです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Volume 8 予告編 Part 3 [素材制作]

とある楽曲のフレーズを耳コピー(ソフト使用)し、MIDI データーに変換。上側を以前紹介した Keyzone 、下側を Renegade に割り当てて作ったのがコレ。


Volume 8 に組み込みました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Volume 8 予告編 Part 2 [素材制作]

本来ならスネアで行うところをキックで行ったらどうなるのか? 試してみたらこんな音に。


気に入ったので Volume 8 に使いました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Volume 8 予告編 Part 1 [素材制作]

Vitamin X Volume 8 用に制作した素材です。コレだけ聴くと?となりますが、完成したモノを聴くとそこそこ行けていると思います。



【キック1】
通常の4つ打ちキックですね。これは2つのキック素材を重ねたモノです。1つ目は土台となるキックで Dist Kick と呼ばれるモノを先日紹介したフィルターで低域側を 24dB/oct でカット、高域側を 12dB/oct でカットしたモノです。2つ目は味となるキックで普通のキック素材を使用しています。程良い感じになるように低域側及び高域側を共に 24dB/oct でカットしています。最後に2つ合わせて薄くコンプを掛けています。

【キック2】
4つ打ちではないキック、途中でバンバンと鳴っているキックです。コレもキック1と同様に2つの素材を重ねたモノですが、違った作り方をしています。土台は低域成分が少なく、アタック感が強い Dist Kick を用いています。上に乗せたのはキックではなく残響成分が多いスネアの素材です。フィルターで帯域のカットはしていません。代わりにそれぞれを先日紹介したプラグインで残響成分を付加し、最後に2つ合わせて薄くコンプを掛けています。

【ハイハット&スナップ】
これらは以前紹介した Line of Legends を用いた音源です。残響成分を付加し、奥行き感を調整しています。

【コンガ】
良質のコンガ素材が見つからなく、以前紹介した musicradar の中のワンショット素材を使用しています。ハイハット&スナップと同様に残響成分を付加し、奥行き感を調整しています。

後は実際にミックスに重ねて最終調整となります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

三種の神器 - Proximity [VSTe・3D]

音量を整えリバーブを加えて制作した素材をそのままミックスに加えても違和感が残ります。加えた素材がスピーカーの表面に張り付いてしまい楽曲と分離してしまうからです。そんな違和感を解消してくれるプラグインがコレ。

Proximity.jpg

このプラグインは音源に奥行き感を与えてくれます。制作した素材に奥行き感を加える事で楽曲の中に馴染ませる事が出来き、あたかも最初から含まれている感じに仕上がります。
そんな訳で必ずと云って良い程必要なプラグインなのです。

ダウンロード:http://www.tokyodawn.net/proximity/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

三種の神器 - GLACEVERB [VSTe・Reverb]

三種の神器の2回目は GLACEBERB です。何を言ってもコレが無いと始まらない必需品です。いわゆる残響音を追加する為のプラグインです。特別な場合を除いてキック以外の音源全てに使用しています。

GlaceVerb.jpg

プリセットが豊富で色々な残響効果を試せますが、使用するポイントはプリセット名に惑わされない事です。別に惑わそうとしている訳ではないのでしょうが、音源の種類によって?と思うようなモノもあります。一通り試してみて最適なプリセットを選択するのがグッドのようです。

ダウンロードhttp://web.archive.org/web/20071025055925/www.dasample.com/index.php?show=glaceverb
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

三種の神器 - TDR NOVA [VSTe・Filter]

今回から3回連続で素材制作には欠かす事が出来ない三種の神器を紹介します。1回目の今日は TDR NOVA です。

あまりにも有名なこのプラグイン。フィルターを初めイコライザーやコンプレッサーも含む高機能なエフェクトプラグインです。個人的にはフィルター位しか使っていませんが、コレさえ有れば大抵の事は事が足ります。

TDR Nova.jpg

上の使用例はミックスに加えるキックの周波数域を整えている様子です。ローパスフィルターとハイパスフィルターの組み合わせで帯域を整えています。更にイコライザーを加味すれば様々な音作りが楽しめます。

何と云ってもこれだけ高機能で音が良いプラグインとしてフリーであると云う事を考えれば正に三種の神器の一つですね。

ダウンロードhttp://www.tokyodawn.net/tdr-nova/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽