So-net無料ブログ作成

Studion One Prime [Software]

Hydrogen にとって代わるループ素材制作が可能なソフトとはどの様なものなのか? その疑問に対して導き出されたのが DAW( Digital Audio Workstation )です。そして、ネット中を駆け巡り『今や飛ぶ鳥を落とす勢いでシュア拡大中の新進気鋭の DAW』と云うフレーズに引かれて決定したのが PreSound 社の DAW である Studio One です。但し、未知数の DAW に対してお金を払うには未だ早すぎると判断したのでここではその無償版である Prime を試しに導入。



実際に使用してみると巷の噂通りに軽くてサクサク動くし、割と音が良い。Prime 版のオーディオエンジンは 32bit。最上位版だと 64bit になる事から更に音が良いんだろうなと勝手に頭の中で想像する事もしばしば。しばらくはこれで遊びまくりました。そして、使い慣れた頃を見計らって実際にループ素材を制作。

Studio One 01.jpg
一通りループ素材を作って感じた事は
① ループの扱いにちょっとだけ難有り
② サードパーティー製 VST が使えない(有償版は可)
③ 入力モードがピアノロールしかない
等です。やはり無償版には限界がありますが、有償版を購入しても①と③は解決しない事から Studion One の導入は諦める事に。やはりドラムパターンの入力が容易なステップシーケンサがないとね。また、もう一度最初から DAW 探しとなったのです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Hydrogen [Software]

フリーのループ素材を探せば数え切れない程沢山見つかります。有償版も含めるとその数は膨大になります。しかし、実際に入手しミックスに加えるとどうしても合わない。あれこれと手を替え品を替え色々と試しますがどうもイメージに合わない。それならばいっその事自分で作っちゃえと思うのが自然の流れ。そこで導入したのが Hydrogen です。

Hydrogen はオープンソースで開発されたドラムマシンです。誰でも無償で使えプラットホームも Windows をはじめ Mac OS X や Linux でも稼動する優れモノ。操作も簡単でこれならば意図も簡単に好みのドラムパターンが作り出せます。恐らく無償のドラムマシンとしてはこれが最高峰でしょう。



しかし、確かに好みのドラムパターンは作り出せますが、実際に運用を始めると
① ドラムの音色がある程度限定される
② 他の楽器の音を織り交ぜられない
③ ミックスとの兼ね合いで修正が面倒
等の問題が生じてきました。ちょっとこれではね~。そんなこんなで別の手法を考える事になったのです。

ただ、くれぐれも誤解が無いようにお願いします。Hydrogen が悪いのではなく、Hydrogen の目的と私の目的とが合致しなかっただけの事です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

仮ミックス2 [現状報告]

仮ミックス1の結果に基づいて仮ミックス2を行います。仮ミックス1とは違い仮ミックス2の場合は1曲目から25曲目まで通しでミックスを行いそれを録音します。目的はループ素材やワンショット素材を作る為の土台が必要だからです。通しでミックスを行う為、失敗すればもう一度最初からやり直しとなります。空き時間が1時間程度しか無い場合、失敗すれば翌日や翌々日に持ち越しとなるわけです。

そこで私なりに考えました。仮ミックス1はマウスのみで TRACTOR PRO 2 の操作を行い、ミックス時の操作が簡単になる様に工夫する。そして仮ミックス2及び本ミックス時は DJ コントローラーを使って TRACTOR PRO 2 を操作する。こうする事で失敗が発生する確率を低く抑える事が出来ます。本ミックス時はループ素材やワンショット素材の操作も必要になるわけですからね。工夫しなきゃ。

そんな訳で無事 Volume 6 の仮ミックスが完了しました。次はループ素材の制作となります。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Addal さん [おすすめDJ]

梅雨の季節、黄昏時のバックにはコレ。
無理をせず季節の流れそして時の流れを感じながらゆっくり過ごしましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

仮ミックス1 [現状報告]

先日、Volume 6 の仮ミックス1がほぼ完了しました。次からは仮ミックス2へ移行となります。ここで仮ミックス1でどのような事を行っているのか? 簡単に説明します。

Volume 6 用に用意した楽曲は全部で82曲になります。この82曲を一機に TRAKTOR PRO 2 に認識させ、最終的な分析( BPM、 KEY )を行います。BPM に関しては以前紹介した MixMeister BPM Analyzer と同じような値を示す事を確認します。極端に違う数値を示すのであればその楽曲は除外します。ここでは TRAKTOR PRO 2 が示す数値が優先となります。

分析完了後、全ての楽曲を一通り試聴します。そして、最初(1曲目)の楽曲と最後(25曲目)の楽曲を決定します。後はその間の構成を考えながら1曲1曲個別にミックスしていきます。当然ながら以下の事も考慮します。
① ミックスのタイミング
② ミックスのスタイル
③ ワンショット素材は必要か?
④ ループ素材は必要か?
そしてプレイ・リストを作成して仮ミックス1は終了となります。尚、この時点では未だミックスを録音する事はありません。あくまでも上記4項目を決定するだけです。

その時々の気分や状況に応じて色々とやり方が変わりますが仮ミックス1の中身は大体こんなモンです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

番外編 [おすすめDJ]

Tractor Pro 2 を使っているからといっても NI の回し者ではありません。
今日は番外編と云う事でお気に入りの動画を紹介します。



おすすめDJというよりはおすすめPVですかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

TRAKTOR PRO 2 [Software]

あくまでも PC 上での話しとなります。Vitamin X シリーズや The Future FN にアップされている DJ MIX は大きく2つの制作方法が有ります。1つ目は DJ Soft を使い、実際に DJ をプレイしながらそれを録音する方法。2つ目は MTR( Multi Track Recorder ) や DAW( Digital Audio Workstation ) を用いてトラック上に楽曲を並べいく方法です。どちらにもそれぞれメリット・デメリットが有り、一口にどちらが良いかは言えません。DJ の考え方次第で色々と変わってくると思います。そういう私は DJ Soft でミックスを行い、DAW でループ素材を作っています。

DJ Soft に関してはあれこれと試し、最終的に TRAKTOR PRO 2 に落ち着きました。特に大きな理由は無いのですが、個人的な感想としては使いやすく且つ思い通りにミックス出来たのが要因です。

Tractor Pro 01.jpg


DJ Soft はどれを使ってもそれ程大差は無いと思います。目的と機能が同じですからね。それでも他には無く TRAKTOR PRO 2 にのみ存在する機能として
① Remix Deck
② Stem Deck
が有ります。それぞれどのようなモノなのか? 私が説明するよりも動画を観た方が早いと思います。

Remix Deck


Stem Deck


ただ、残念なのは Remix Deck にしても Stem Deck にしても専用のコントローラーがないと操作がちょいと厳しい。マウスだけではその本領が発揮出来ないのが難点です。私は専用のコントローラーを持っていないのでどちらも使ったことはありません。その代わりといっては語弊が生じるかもしれませんが DAW で素材を作りミックスに加えているのが現状です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DJ Twist さん [おすすめDJ]

Kap Slap さんのミックスを聴いて数ヵ月後、今まで脇役に過ぎなかった The Future FM が一瞬にして主役に躍り出た記念すべきミックスです。



今では DEFJAY、HIT104、JACK FM、GAY FM、そして COUNTRY 108 を聴く機会が極端に減りました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

MixMeister BPM Analyzer [Software]

圧縮音源であれ CD 音源であれ一度 MP3 フォーマットに変換します。理由は MixMeister BPM Analyzer が MP3 しか受け付けないからです。この MixMeister BPM Analyzer というソフト、名前の通り自動で BPM ( Beats Per Minute : 楽曲の速さを表す単位 )を計測してくれる優れモノです。ネット内を探し回り、フリーで BPM を計測してくれるソフトはこれ以外に見つかりませんでした。大変貴重なソフトです。

BPM Analyzer.jpg

楽曲収集後、MixMeister BPM Analyzer で BPM を計測し実際に楽曲ファイルが保存されているフォルダに計測結果をテキストファイルとしてエクスポートし分析が完了となります。この時点で MP3 に変換した楽曲ファイルはお役御免となります。本当は更に楽曲の Key も調べたいのですが、これを調べてくれるソフトは未だに発見しておりません。残念です。

ちなみに実際にミックスに使用する楽曲は可逆圧縮である FLAC ( Free Lossless Audio Codec ) に変換したモノを使用しています。このフォーマットだとロスレス音源でありカバーアートやタグ情報も書き込めるので重宝しています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Kap Slap さん [おすすめDJ]

数年前、偶然 The Future FM を発見。即座に会員登録後、最初に聴いたミックスです。



この時点でこれ程までに The Future FM にハマルとは思ってもいませんでした。当時は SHOUT cast を中心にネット・ラジオを聴きまくっていたからです。特にお気に入りのラジオ局は DEFJAY、HIT104、JACK FM、GAY FM、そして COUNTRY 108 です。なにせ海外のラジオ局ですからね。普通に考えて日本では聴く事が出来ない楽曲が次から次えとてんこ盛り状態。洋楽好きにはたまらない訳です。そんな中、気が向いた時だけ聴くのが The Future FM だったのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽