So-net無料ブログ作成
検索選択

1 Low Boost Track [ミックスダウン&マスタリング]

このサブミックストラックは以前紹介した 1 Normal Track に該当するトラックとなります。相違点はコンプレッサーを掛けているトラックを無くした事です。これにより単独で楽曲そのものに掛かるコンプレッサーが無くなりました。

サブミックス・トラックの fx 部分が緑色の反転表示となっていますが、各個別トラックの fx は反転表示されていないのがその証です。

Mastering 12.jpg

具体的な方法ですが、これまでは各個別トラックの最大音量レベルを -4dB に設定していましたが、今回からこれを -6dB に変更。この 2dB の差が小さい様で実は絶大な効果を発揮。楽曲と楽曲が重なる全ての箇所とまでは叶いませんが、クリップが発生する頻度を下げています。後はクリップが発生した箇所や聴覚上、爆音になっている箇所の個別トラックの音量レベルを調整する事でクリップを防ぎ全体として同じ音量になる様にしています。

レベル調整後、ここで初めてコンプレッサーの登場です。楽曲と楽曲が重なる部分では必ず -6dB を超えてしまいます。そこでこの -6dB を超えた部分にサブミックス・トラック上でコンプレッサーを掛け、出来るだけ -6dB に収まる様に圧縮します。この時使用したコンプレッサーは以前紹介した Acoustica Compressor です。色々なコンプレッサーを試しましたが、今回の様な用途ではこの Acoustica Compressor が今だに一番です。

そして最後に TDR VOS SlickEQ を用いて低域をブーストしマスター・トラックへ送っています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。