So-net無料ブログ作成
検索選択

2重掛け [ミックスダウン&マスタリング]

蟻の入る隙間が出来たところで今度はそれに加える素材自体の修正作業です。隙間が出来たと云っても完全にいらない音が削除出来た訳ではありません。どうしても楽曲に含まれるスネアの音だけは消す事が出来ませんでした。

そこで、加える素材からスネアの音だけを間引きし、スネア同士の音が重ならないように工夫。そして、コンプレッサーの2重掛けを行い、音質を整え音圧を稼ぐ事にしました。具体的には

① ハイハット、スネアそしてキックの各個別トラックにコンプレッサーを掛ける。
② 上記3つの音源を1つのトラックにミックスダウンし、そのトラックに更にコンプレッサーを掛ける。

となります。

コンプレッサーの2重掛けと云う技法は楽曲を制作する人達から見れば当たり前の技法なのかもしれません。でも、私の様な DAW 初心者にとっては思いもよらぬ技法なのです。そして、今回、その技法がより大きな効果を生み出す事を知りました。この事は今後の素材制作により良い影響を与える事になると考えます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0